バックパッカーに憧れて・・・エピソード2

どうも。娘をおんぶしていたら「パパの背中、線路の臭いがする」と言われたことのある、加齢臭が隠せないケビンです。

 

前回の「バックパッカーに憧れて…エピソード1」では、まだホテルにも到着していない状態でしたので、2日目以降に起こったエピソードをご紹介することに致します。

 

※エピソード1をまだ読んでいない人は、まずはエピソード1からどうぞ。

http://living-bunkyo.com/バックパッカーに憧れて・・・エピソード1-738.html

 

初日に死を覚悟することになったケビンは、かなりのビビリモードに突入しており、外に出ることが怖くなっていた・・・

 

この三ツ星ホテルを一歩外に出ると、またお金に貪欲なタクシーやバイクタクシーの運ちゃんがハイエナのように群がって来るのではないか・・・もうあんな思いはしたくない。。。

 

このホテルはバリアで守られた超安全地帯であり、い~ま以上~こ~れ~以上~♪危険な思いはしたくないため、朝食もホテルで済ませ、チェックアウトの時間ギリギリまで部屋に閉じこもるニートっぷりだった。。。

 

しかしチェックアウトというシステムに背中を押され、ついにケビンは昼間のベトナムに放り出されるのである。。。

 

バックパッカーに憧れて・・・2日目 

 

真っ昼間のベトナムに放り出されたケビン。まず目に飛び込んできたのがバイク!バイク!バイク!とにかくバイクだらけで交通量の多さに圧倒される!途切れなく行き交うバイクと車!鳴り響くクラクション!道端で花を売る老婆!東南アジア独特の街の匂い!そしてこの暑い日差し!ケビンのバックパッカー魂が再び燃え上がり始める!

 

そしてまずは必ず行ってみたかった世界遺産のハロン湾を目指すことにした。地元の電車やバスに乗ってみたいのだが、地球の歩き方ではスリなどの危険があるため、あまりお薦めはできないと書かれている・・・ 

 

初日の恐ろしさが脳裏に焼き付いているため、とりあえず電車やバスはもう少し慣れてから・・・ってことで、バックパッカーらしからぬツアーを申し込むことに♡

 

そしてお迎えのバスがやって来た。

 

しかし!バスには英語ペラペ~ラのガイドさん1人だけしか乗っていない! 

 

またケビンの頭に不安がよぎる・・・ 

 

完全にトラウマになってる・・・ 

 

このバスはどこに俺を連れて行くのだろう・・・ 

 

英語ペラペ~ラのガイドさんは、初日のタクシードライバーを彷彿させるファンキーなしゃべりっぷりだ・・・ 

 

ケビンはまたビビリながら外を眺めていると、手をあげている日本人らしき女性が!そしてバスが停車! 

 

そしてその日本人女性が乗車!! 

 

さらに走り出すとすぐにまた一人日本人女性が手をあげている! 

 

そしてまた乗車!!

 

完全にラブワゴン状態♡ 

 

37歳おじさんテンションMAX♡ 

 

その後も男性も含む日本人が何人か乗車してきて、頭の中で「川嶋あい」の恋をしたくなるテーマソングが鳴り響く♪

 

37歳おじさんに再び思春期到来♡

 

ケビン持ち前の社交性(日本人限定)で、あっと言う間に若者たちと打ち解け、目的地のハロン湾に到着!さっそく乗船してクルーズが始まろうとしていた。

 

まず全員席に座らされ、何やら説明が始まったが、あまりの景色の綺麗さに説明を聞くこともなく景色に夢中になるケビン。

 

船が出発をすると早速食事の時間となった。みんなで昼間からハノイビールを注文し、ご機嫌モードのケビンたち。

 

そしてハロン湾の船上で食べる地元料理を超楽しみにしていた。 

 

そして出てきた一品目・・・・・ 

 

極普通の玉子焼!!

 

よくうちの母が作るやつとほぼ変わらない⤵️⤵️さすがに地元料理ってなことなので、何かカモメの卵だったりするのか聞いてみると・・・はい、 ニワトリです。なぜかハロン湾での地元料理で、母の懐かしの味を堪能・・・ 

 

二品目・・・・・ 

 

極普通の野菜炒め!!

 

これもまたよくうちの母が作る一品とほぼ変わらない⤵️⤵️特にパクチーなどの香草が入っている訳でもなく、キャベツ・人参・玉ねぎ・ピーマン・ベーコンのいわゆる普通のノーマル野菜炒め!!

 

三品目・・・・・ 

 

見覚えのあるミートボール登場!! 

 

それも小さい頃兄貴と袋に残ったタレを奪い合ったあのレトルトミートボールまんま!!まさかの「イシイのおべんとクン」シリーズ登場!?ここハロン湾で!?地元感ゼロ⤵️⤵️まさかの懐かしの味オンパレード⤵️⤵️ 

 

そろそろ地元の味カモォォォォォォン!! 

 

四品目・・・・・・ 

 

キターーーーーーーーーー!!超エグい魚の丸焼き!! 

 

超地元感たっぷりの豪快料理の登場だ!!どうやらこのハロン湾で捕れる魚らしい。テンションMAX!!仲間たちのテンションもMAX!!そしてこのエグい魚料理にビビリながらも「それでは・・・いただきます」的な旅番組恒例の下手物喰い風な感じをイメージして、ケビンがみんなを代表して恐る恐る一口目をいただく・・・ 

 

地元の味を堪能したかったケビン・・・ 

 

口に入れた瞬間に、その地元の味が口の中で一気に広がる・・・ 

 

この香り・・・ 

 

ケビンの口が止まる・・・ 

 

・・・ 

 

・・・ 

 

味を一言で言うと「ハロン湾味!!」 

 

塩っけは一切なく、いわゆる淡水魚の泥臭い香りだけが口いっぱいに広がる感じだ! 

 

目でも舌でもハロン湾を味わうケビン!! 

 

でも残す訳にはいかないので、ハロン湾をがぶ飲みする気持ちで堪能させてもらいました。。。

 

一通り食事を終えて、缶ビールを2杯飲んだぐらいで船の揺れもあるせいか大変気持ちよくなっていた。

 

船の上に出てみると・・・ 

 

超超超綺麗な景色が広がっていた!!!!!!!!!! 

 

さすが世界遺産!!!!!!!!! 

 

小さな島々が点々とそびえ立ち、テレビで見るような景色が生でケビンの目に飛び込んでくる!! 

親父・・・・やっぱり海外にも素晴らしいところがいっぱいあるぜ!! 

 

!? 

 

!!!? 

 

あれ?? 

 

こんな素晴らしい景色を1秒でも長く眺めていたいのに・・・ 

 

また・・・・恒例の・・・ 

 

あまのじゃくな俺の体が・・・ 

 

大便をしたがっているではないか!! 

 

それも急激に!!土石流が俺の門所に押し寄せて来ている!! 

 

外は最高の景色!! 

 

お尻の中は爆発寸前の大ピンチ!! 

 

そんな時に限ってラブワゴンっぽい感じに「ケビンさ〜ん!こっちで一緒に写真撮りませんか?」って最高にかわいいスマイルでギャルからのお誘いが!!

 

人生最強パワーで門所に力をいれ、絶対に開くまい!と心の中でTweetしながら、お尻が一定の高度を保つ感じにすり足状態でギャルに近づく怪しいケビン・・・

 

まるで能の舞台のようである・・・ 

 

無理矢理作るケビンスマイル・・・ 

 

限界ギリギリの門所・・・ 

 

目を閉じちゃったのでもう1枚!もう1枚!とはしゃぐギャル・・・ 

 

そして再度無理矢理作るケビンスマイル・・・ 

 

限界ギリギリの門所・・・ 

 

そしたら次は全員でオモシロポーズを要求してくるギャルズ・・・ 

 

縦に並んでトーテムポールのように遠近法で顔を並べたいみたい・・・ と・・・

 

ケビンどんどん気が薄れていく・・・ 

 

ケビンお尻に影響がないポジションを確保するのが精一杯だった・・・ 

 

するとまさかのケビン一番前リクエスト・・・ 

 

ケビン冷や汗が垂れる・・・気が薄れていく・・・ 

 

ゆっくりと腰を下ろし、かかとを栓代わりにして割れ目にフェードイン!!

 

なんとかトーテムポールを支える一番下の顔という大役を終え、ようやくトイレに行けると思った・・・

 

が!!

 

ケビンのアンテナが「いまこのカカトを外すとそのまま終了してしまう」ということをキャッチ!!

 

みんなが撮影を終了してバラバラ散らけているのに、ケビン一人でその場にビスマルク状態・・・

 

たのむ・・・俺をこのまま一人にしてくれ・・・ 

 

すると仲間の一人がケビンに気がつく・・・ 

 

若者:「ケビンさん!」 

 

ケビン:「・・・・」(何も言わずに血走った目で顔だけをあげる・・・) 

 

若者:「ケビンさん!何してるんですか!?」 

 

ケビン:「・・・・」(何も言えなくて・・・夏) 

 

若者:「ケビンさん?大丈夫??」 

 

ケビン:「ちょっと、、、無理・・・」(足をプルプルさせながら・・・) 

 

若者:「ちょっと!ケビンさんが大変!!」(まさかの大声で!!) 

 

ビスマルク囲まれる・・・ 

 

仕方なく今の門所事情について一回り以上年齢の違う若者たちに説明する37歳・・・ 

 

ハロン湾でまさかのカミングアウト・・・ 

 

笑ってくれればいいものの、マジ心配でビスマルクを囲み続ける若者たち・・・ 

 

そして船にはトイレがないことを告げられる・・・ 

 

ビスマルク立てない・・・ 

 

門所限界MAXライドンタイム。。。 

 

ゴールまではまだ1時間近くあるようだ・・・ 

 

37歳・・・ベトナムで思春期が再到来したと思ったら、まさかの赤ちゃん返りか!?俺はここでオモラシしてしまうのか!! 

 

若者の前で覚悟を決めるしかなかった。。。

 

お父さん。。。お母さん。。。そしてこの旅を了承してくれた優しい妻。。。

 

私を父としてリスペクトしてくれている息子と娘。。。

 

私はここで。。。

 

出します。。。

 

と!思ったその瞬間!!

 

ベトナム人の船頭さんがまさかの方向転換!! 

 

なんと近くの水上村に行ってくれるとのこと!! 

 

ベトナムの人に悪い印象しか持っていなかったケビンに、まさかの優しさサプライズ!!

 

そして近くの水上村に到着し、みんなが見守る中、ゆっくりとビスマルクポーズから腰を上げ、門所が開かぬよう力を入れたまま兵隊さんのステップで船を下りるケビン・・・

 

そして水上村にある学校らしきところのトイレをかりることに・・・ 

 

!! 

 

桶が2つのみ!! 

 

そしてヒシャクのような物が1本!! 

 

システムが全く分からない!! 

 

ここは世界遺産、、システムを間違えると牢屋に入れられてしまうのでは?みたいな異国ならではの想定外の罰則ルールを恐れるケビン・・・ 

 

大声で人を呼んだが、来てくれた人が全く英語が通じない!! 

 

俺の門所が異国のトイレに共鳴し、開き始めてきた!! 

 

もう限界だーーーーーーー!! 

 

ケビンは慌てて一つの桶に座り込んだ!! 

 

結局、英語の通じない水上村の地元民を呼びつけ、私が力尽きる瞬間を見せ付ける形となり、人生初の変態プレイとなってしまった・・・ 

 

そしてそのヒシャクの使い方をジェスチャーで教わり、後処理完了。。。 

 

ベトナムの心優しい皆様・・・そして仲間の若者たち・・・私のピンチを救おうと必死に協力してくれて有り難うございました。。。

 

その水上村を後にするとき、ウルルン滞在記でよく見た別れのシーンのように涙するケビン・・・

 

村人が物珍しそうに集まってくる・・・

 

なぜか全員と抱き合うケビン・・・

 

ただ脱糞のために突如訪れた黒船をニコニコ笑顔で快く迎え入れてくれた村民の皆さん・・・

 

私はすっかりベトナムが大好きになりました♡

 

 

使用写真:
いらすとや http://www.irasutoya.com
写真AC https://www.photo-ac.com
ワンランク上の僕になりたくて書いてるブログ http://blog.kakerabako.net
daiki55.com http://daiki55.com

 

↓ここまで記事を読んでいただいた読者の皆様!ここのバナーをクリックしてもらえるとこの地域サイトの評価が上がりますので是非クリックにご協力を!!!!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ

↓こっちももういっちょクリックお願いします!!!!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 2017-6-7

    麺やひだまり【千駄木】

    ここで紹介するのは千駄木にあるラーメン店「麺やひだまり」です。 子供ってラーメン大好きですよね。う…
  2. 2017-7-14

    衝撃の発表会!!

    先日、昔のアルバムをちょっと開いてみたら、懐かしさのあまりついつい夜遅くまでず〜っと眺めてしまった。…
  3. 2017-6-6

    宇宙ミュージアムTeNQ【後楽】

    私はたまに宇宙のことを考えると眠れなくなります。だって謎だらけで、今でも広がり続けてるって言うじゃな…
  4. 2017-6-7

    須藤公園【千駄木】

    ここで紹介するのは千駄木にある「須藤公園」です。 須藤公園は都会のオアシスといった感じで、超おすす…
  5. 2017-6-6

    駒本剣友会【本駒込】

    子供に習わせるスポーツって、皆さんどうやって決めます?? 子供の意思? 親の意思? これってど…
  6. 2017-7-25

    バックパッカーに憧れて・・・エピソード1

    息子が夏休みに突入して、この自由な時間をどう過ごすのかと思いきや、いまの5年生はとても忙しく、学校だ…
  7. 2017-6-22

    教育の森公園【茗荷谷】

    ここで紹介するのは茗荷谷にある「教育の森公園」です。 この公園は私がちょうど小学生の頃(昭和61年…
  8. 2017-6-16

    うちの愛犬とのエピソード2

    エピソード1で名前が「タコ」に決定したビジョンフリーゼのお話パート2であります。※エピソード1をお読…
  9. 2017-6-15

    明秀珠算向丘教室(そろばん塾)【本駒込】

    ここでご紹介するのは、そろばん算数併用学習の「明秀珠算向丘教室」です。 教室はこのビルの地下にある…
  10. 2017-6-7

    娘の言葉間違い集

    小さい子供が言葉を間違えて覚えてしまうことはよくありますよね。 うちの娘も間違いが激しかったなぁ。…
ページ上部へ戻る